スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『若紫』

2010–09–11 (Sat) 07:27
菓子コンに応募した作品載せます。
たぶん個人のブログに載せるくらいなら大丈夫かとも思うんだけどね。
さんざん騒いどいてこぢんまりまとまったので、インパクトには欠けるかもしれん。
それでも数年ぶりに本気でがんばった作品だからね…
あ、ブロクのタイトルは作品名です。

という言い訳をしといた上での自己満発表会!
無駄に長い!
提出した写真がこれ↓

DSCN1834.jpg

くず粉入りの求肥餅・アドベリーあん(後述)・砂糖を軽く絡めた松の実を、米粉と豆乳を使った生地で巻き、同じ薄生地の帯で留めたもの。
初夏に出回る「若鮎」の中身と外観を変えたものに近いかと。


以下、試作品と完成品

IMG_0732.jpg

第一号。生地に卵使わないでやってみた。
もっちもちだけど見た目が悪い。食べやすそうに見えない。
包まれてる中に見えてる、なんか薄くてピロピロしてるのは湯葉。


DSCN1817.jpg

第二号。帯を求肥でつけてみた。
しかしこの帯が一気に腹に来る。重い。
湯葉がどうも思い通りの食感にならない。


DSCN1831.jpg

提出写真と同じ、完成品。
湯葉はギリギリまで迷った末にやめた。


製作裏話。
創作菓子だからって斬新な発想や目新しい素材が良いわけではない…と悩みまくったんだが、その原因が湯葉だった。
食感にアクセントをつけるべくパリパリにしたんだけど、生地に包んで冷やしとくと湿気を吸って歯触りが悪くなる。
生湯葉を使っても、今度は乾燥して中途半端な食感になる。湯葉としての風味も落ちる。
専門店に行って湯葉の話を聞いたり、実際にいろいろな調理法を試してみたり、超短期間とはいえ研究したんだけどさすがに無理だった。
まぁ実際、前例として素材のプロや製菓のプロが考えたレシピを検索しまくったんだけど、なかったんだよねww
つーことは、よっぽど難しいか、どうしたって合わないか、ってことだ。
湯葉がなくなることでインパクトは落ちてしまったが、無駄なモノを盛り込むよりはいいかも…と折り合いをつけたw
それに、湯葉専門店で分けていただいた豆乳を使ったから、それだけでも十分かな。
湯葉を使ったお菓子は別件として思いついたんで、そのうち作ってみたいれす^q^


アドベリーあんというのは、地元民でないと聞き覚えのない名前かと思いますが…
アドベリーは、滋賀県高島市の安曇川(あどがわ)という場所で生産されている果実です。
元々「ボイズンベリー」という名で、ニュージーランドで主に生産されてるんですが、それを初めて日本で栽培し始めたのが安曇川。
それで「あどがわ」の「ベリー」ってことで「アドベリー」。
まぁ、大津市の特産品じゃないんだけどね…
使用してほしいのは「滋賀県の特産品」ってことだし、いいよね?w

んで、そのアドベリージャムを白あんに混ぜて作ったのがアドベリーあんです。
ただ、ジャムだけ混ぜると暗い紫になってしまうので、そこも試行錯誤。
着色・着香用のいちごパウダーを入れてピンクを鮮やかに出し、そこにジャムを加えてみた。
苺っぽい香りは出ちゃうけど苺の味はつかないので、あんの甘酸っぱい風味はアドベリーのものだけなんだぜ。
アドベリーを使ったお菓子はいくつも発売されてるけど、あんに練りこんだものは見た限りではなさそうだった…
このあたりで「創作」の評価をしてもらえると嬉しいんだがw
ちなみに、求肥餅の中にも餡が入ってます。生地から見えてる丸い薄紫のが餅ね。
餅と生地の両方から餡!
好きな人にはたまらない!嫌いな人にはくどいだけ!
あれ?


以下、読まなくてもいいけど本当は読ませたい
…っつか読んでほしい「作品の大津らしさ・アピールポイント」

・大津は東海道五十三次最後の宿場町
・母なる琵琶湖の元にあって多くの人を迎え入れる、母親のような包容力を持つ街
・街道を行く人々はこの町でひとときの安らぎを得たと思われる
・大津を通る旅人を個性豊かな素材の数々に見立てて、一枚の薄生地で包んでみた

・生地を円錐型に巻く→細帯で留めるという工程により、皿に置いても手に持っても形を崩さず食べられる
・形が着物姿に見える&餅や餡の色から紫式部を連想
・紫式部は石山寺で源氏物語の発想を得たと伝えられ、大津に深い縁を持つ

・滋賀名産の近江米→米粉として使用、生地と求肥に入ってる
・新しい特産品となりつつあるアドベリーを、白あんと求肥に練り込んだ
・上記の新旧の特産品を使って温故知新を表現
・アドベリーの実は、大津の逢坂の関(逢坂山)に生える「さねかずら」に良く似た形をしてる、という余談
(逢坂の関やさねかずらは百人一首にも詠まれてる…けど、まぁこじつけの域)


というかんじで。
提出したのはもっとちゃんと書いてますけどね(゚ω゚)


一次選考の結果はいつどのように通知されるかはわからんけども、通ってても落ちてても報告しまーす(^ω^)
長々読んでくださった皆さんに、心からの感謝を込めて!

« みんな~ | HOME |  い・ち・じ・つ・うか! »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://3510chang.blog104.fc2.com/tb.php/47-8c795e15

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人

りり×くっきー

Author:りり×くっきー
へっぽこTF2プレイヤー。子持ち。2人目妊娠中。
日々遊ぶだけでは飽き足らず、ゲーム内の彼らをクッキーにしてしまうという暴挙に出ました。
とはいえ最近は全然遊んでませんが……
現在のメインはハンドメイド作品の紹介でしょうか。
ゲームプレイ記録と、ついでに日常雑記も交えてお送りします。

ついったーID→【M3d1c_c411】
すちむーID→【TrAcking_CookiE】
宜しければフォロー&フレお願いします。

ついった

リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。